爪は健康のバロメータです。白っぽい爪についての説明です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 爪診断 > 白っぽい爪
白っぽい爪

* 白っぽい爪
一般的には貧血が考えられますが、腎臓病の場合にも多く見られます。
* 白色の斑点がある爪
過労による神経衰弱の場合が多いです。
* 白濁した爪
これは最も注意を要する爪です。
慢性肝炎・肝硬変・肝臓ガン(原発性)・腎臓病などの病気では、白濁した爪になる場合が多く見られます。
* 横に白い帯の入った爪
慢性の腎臓病で多く見られます。
2,3mm程度の幅になってくると、ネフローゼの心配がされます。
それは主に腎臓病の尿細管細胞の変性です。
* 爪床の色が悪く、白っぽく見える爪
低タンパク血症・極度の貧血・肝硬変などの場合に多く見られます。





爪ミネラル分析キット

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364