ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 貧血

貧血

あなたの体質に合わせて貧血に効く漢方薬を選びましょう

五積散(ゴシャクサン) 

慢性に経過し症状の激しくない、胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒に用います。
貧血気味で下半身が冷えて痛むものなどに効果があります。

小建中湯(ショウケンチュウトウ)

体質虚弱で疲労し易く、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿および多尿などいずれかを伴う、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜泣きに用います。
身体虚弱な方、虚弱児の体質改善、虚弱児で鼻血のよく出るものなどに用います。

四物湯(シモツトウ) 

皮膚が乾燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の、産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え性、しもやけ、しみ、血の道症に用います。 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)  

手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛に用います。

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン)

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。 

婦人華(フジンゲ)

月経不順、月経痛、血の道症、こしけ、冷え性、のぼせ、貧血、めまい、腰痛、頭痛、肩こりに用います。
婦人科諸疾患の改善を目的とした処方で、生薬のほかにサフランとビタミンEを配合した婦人専用薬です。 

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに用います。
中を補い気を益す効があるという意味で補中益気の名があります。
朝鮮人参を主とする方剤で、胃腸の弱いものにも効果があります。 

六君子湯(リックンシトウ)

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に用います。 

加味帰脾湯(カミキヒトウ)

虚弱体質で血色の悪い人の、貧血、不眠症、精神不安、神経症に用います。
体力虚弱で胃腸が弱く、精神不安、不眠、貧血などのあるものに用います。 

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364