ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > つわり

つわり

あなたの体質に合わせてつわりに効く漢方薬を選びましょう

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ) 

つわり、嘔吐、悪心に用いられます。
鎮吐作用にすぐれている半夏と生姜を配合しています。
嘔吐を目標に用いますが、五苓散の適応症である水逆性の嘔吐とは区別して用いられます。
五苓散の嘔吐は強く口渇を訴えますが、本方はさほど口渇はなく、悪心のあるものに用います。  

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)

気分がふさいで咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う、不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声に用います。 

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)   

みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの、急・慢性カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症に用います。
腹痛は比較的程度が軽いものに使用します。 

六君子湯(リックンシトウ)

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に用います。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364