ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 冷え性

冷え性

あなたの体質に合わせて冷え性に効く漢方薬を選びましょう

安中散(アンチュウサン)  

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛叉は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニーに用います。
構成生薬の大部分が芳香性健胃薬・鎮痛薬です。原典には温めた酒で服用するとあります。

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)

関節痛、神経痛に用います。
本方は、水毒による冷え性で、痛み、四肢のシビレ、屈伸困難のある虚弱体質の方の神経痛、関節痛の改善に効果があります。 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。 

五積散(ゴシャクサン) 

慢性に経過し症状の激しくない、胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒に用います。
貧血気味で下半身が冷えて痛むものなどに効果があります。 

小建中湯(ショウケンチュウトウ) 

体質虚弱で疲労し易く、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿および多尿などいずれかを伴う、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜泣きに用います。
身体虚弱な方、虚弱児の体質改善、虚弱児で鼻血のよく出るものなどに用います。

四物湯(シモツトウ) 

皮膚が乾燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の、産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え性、しもやけ、しみ、血の道症に用います。 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ) 

比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)に用います。 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛に用います。

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン) 

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。

婦人華(フジンゲ)  

月経不順、月経痛、血の道症、こしけ、冷え性、のぼせ、貧血、めまい、腰痛、頭痛、肩こりに用います。
婦人科諸疾患の改善を目的とした処方で、生薬のほかにサフランとビタミンEを配合した婦人専用薬です。

六君子湯(リックンシトウ) 

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に用います。 

苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ) 

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに用います。
中を補い気を益す効があるという意味で補中益気の名があります。
朝鮮人参を主とする方剤で、胃腸の弱いものにも効果があります。 

六君子湯(リックンシトウ) 

めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少するものの、神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛に用います。
胃内停水によるめまい、心悸亢進、身体動揺感、尿量減少などに使用して効果があります。

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ) 

腰に冷えと痛みがあって、尿量が多いものの、腰痛、腰の冷え、夜尿症に用います。
本方は、腰冷えに対する薬方で、腰から下がはなはだしく冷えて痛みがあり、尿は薄くて多量などを目標とします。 

麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)

悪感、微熱、低血圧で頭痛、めまいがあり、四肢に疼痛、冷感があるものの、感冒、気管支炎、咳嗽に用います。
老人や虚弱者の風邪の初期によく用います。発熱が少なく悪寒が強いものなどに用い、のどの痛みからはじまる風邪にも応用されます。

真武湯(シンブトウ)

新陳代謝機能の衰退により四肢や腰部が冷え、疲労倦怠感が著しく、尿量減少して下痢し易く、動悸やめまいを伴うものの胃腸虚弱症、慢性胃腸カタル、慢性腎炎に用います。
冷えがあり新陳代謝が衰えた人の各種疾患に応用することができます。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364