ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 口内炎・口臭

口内炎・口臭

あなたの体質に合わせて口内炎・口臭に効く漢方薬を選びましょう

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ) 

比較的体力があり、のぼせ気味で顔色赤く、いらいらする傾向のあるものの、鼻出血、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸に用います。

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの、高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に用います。
黄連解毒湯と同様の症状に用いますが特に便秘の強い場合に使用します。 

小柴胡湯(ショウサイコトウ)

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及び風邪の後期の症状に用います。
みぞおちからわき腹にかけて、つまったような圧迫感をもち、舌には白苔があり、口がねばったり嘔吐感を伴い、発熱と悪寒が交互に起こるような症状などに使用します。

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの、急・慢性カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症に用います。
腹痛は比較的程度が軽いものに使用します。

平胃散(ヘイイサン)

胃がもたれて消化不良の傾向のあるものの急・慢性カタル、胃アトニー、消化不良、食欲不振に用います。
消化が悪くなり、みぞおちのあたりがはり、食欲は衰え、食べると腹が鳴るなどに用いる健胃剤です

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364