ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 慢性胃腸炎

慢性胃腸炎

あなたの体質に合わせて慢性胃腸炎に効く漢方薬を選びましょう

安中散(アンチュウサン)  

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛叉は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニーに用います。
構成生薬の大部分が芳香性健胃薬・鎮痛薬です。原典には温めた酒で服用するとあります。。 

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ) 

腹部膨満感のあるしぶり腹、腹痛に用います。
腹筋は緊張していることが多く、腹壁は一般に張力に乏しく平素より胃腸虚弱のもので、大便が軟らかく快通しないいわゆるしぶり腹や腹痛に用いて効果があります。 

五積散(ゴシャクサン) 

慢性に経過し症状の激しくない、胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒に用います。
貧血気味で下半身が冷えて痛むものなどに効果があります。 

小柴胡湯(ショウサイコトウ) 

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及び風邪の後期の症状に用います。
みぞおちからわき腹にかけて、つまったような圧迫感をもち、舌には白苔があり、口がねばったり嘔吐感を伴い、発熱と悪寒が交互に起こるような症状などに使用します。 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ) 

手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛に用います。

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの、急・慢性カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症に用います。
腹痛は比較的程度が軽いものに使用します。 

六君子湯(リックンシトウ) 

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に用います。 

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364