ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 胃弱・胃痛・胃炎

胃弱・胃痛・胃炎

あなたの体質に合わせて胃弱・胃痛・胃炎に効く漢方薬を選びましょう

安中散(アンチュウサン)  

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛叉は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニーに用います。
構成生薬の大部分が芳香性健胃薬・鎮痛薬です。原典には温めた酒で服用するとあります。

五積散(ゴシャクサン) 

慢性に経過し症状の激しくない、胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒に用います。
貧血気味で下半身が冷えて痛むものなどに効果があります。 

五苓黄解(ゴレイオウゲ)

飲みすぎ、はきけ(二日酔い・悪酔のむかつき、むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、食欲不振、消化不良、胃部・腹部膨満感、胃弱、食べ過ぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、嘔吐に用います。 

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ) 

多くは腹痛を伴う胃腸炎、微熱、寒気、頭痛、はき気などのある感冒、風邪の後期の症状に用います。
本方は、小柴胡湯と桂枝湯の合方で、腹が張って腹痛があるものや、寒気、微熱、頭痛などがまだ少し残っている風邪の後期などに用いて効果があります。

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ) 

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの、高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に用います。
黄連解毒湯と同様の症状に用いますが特に便秘の強い場合に使用します。 

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ) 

急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛に用います。
運動のあとで手足がひきつれて痛むもの、激しい腹痛、四肢の疼痛などに頓服として用います。

小建中湯(ショウケンチュウトウ) 

体質虚弱で疲労し易く、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿および多尿などいずれかを伴う、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜泣きに用います。
身体虚弱な方、虚弱児の体質改善、虚弱児で鼻血のよく出るものなどに用います。 

小柴胡湯(ショウサイコトウ) 

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及び風邪の後期の症状に用います。
みぞおちからわき腹にかけて、つまったような圧迫感をもち、舌には白苔があり、口がねばったり嘔吐感を伴い、発熱と悪寒が交互に起こるような症状などに使用します。 

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

がっしりとした体格で比較的体力があり、便秘の傾向のあるものの胃炎、常習便秘、高血圧に伴う肩こり・頭痛・便秘、肩こり、肥満症に用います。
本方は、小柴胡湯証より症状が更に強く現れ、舌に黄苔を生じ、便秘の傾向にある、体力の充実した人などに用いて効果があります。 

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ) 

みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの、急・慢性カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症に用います。
腹痛は比較的程度が軽いものに使用します。

平胃散(ヘイイサン) 

胃がもたれて消化不良の傾向のあるものの急・慢性カタル、胃アトニー、消化不良、食欲不振に用います。
消化が悪くなり、みぞおちのあたりがはり、食欲は衰え、食べると腹が鳴るなどに用いる健胃剤です。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ) 

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに用います。
中を補い気を益す効があるという意味で補中益気の名があります。
朝鮮人参を主とする方剤で、胃腸の弱いものにも効果があります。 

六君子湯(リックンシトウ) 

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に用います。 

十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

全身の衰弱が甚だしく、胃腸の働きも弱り、貧血で皮膚が乾燥して熱状のないものなどに用います。
効能は、病後の体力低下、疲労倦怠感、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血です。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364