ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 頭痛・めまい

頭痛・めまい

あなたの体質に合わせて頭痛・めまいに効く漢方薬を選びましょう

葛根湯(カッコントウ)  

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに用います。
比較的体力があるもので、汗ばむことがなく悪寒、発熱、頭痛がして、首筋や背中のこわばるものなどに効果があります。(悪寒・発熱はない場合もあります)。ただし、胃腸虚弱、食欲不振、嘔吐、悪心のあるものには用いません。 
 加味逍遥散(カミショウヨウサン) 
体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの、冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症に用います。 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。 

五苓散(ゴレイサン) 

のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う、下痢、急性胃腸炎(しぶり腹の者には用いません)、暑気あたり、頭痛、むくみに用います。
胃内停水があり、水毒が原因で起こる症状に用います。
水を飲むとすぐ吐くものなどに用いて効果があります。

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

精神不安があって、どうき、不眠などを伴うものの、高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣きに用います。
胸脇部に圧迫感があるときなどに用います。 

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ) 

多くは腹痛を伴う胃腸炎、微熱、寒気、頭痛、はき気などのある感冒、風邪の後期の症状に用います。
本方は、小柴胡湯と桂枝湯の合方であり、腹が張って腹痛があるものや寒気、微熱、頭痛などがまだ少し残っている風邪の後期などに用いて効果があります。 

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの、高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に用います。
黄連解毒湯と同様の症状に用いますが特に便秘の強い場合に使用します。 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ) 

比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)に用います。 
 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ) 
手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛に用います。 

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン)

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。

婦人華(フジンゲ) 

月経不順、月経痛、血の道症、こしけ、冷え性、のぼせ、貧血、めまい、腰痛、頭痛、肩こりに用います。
婦人科諸疾患の改善を目的とした処方で、生薬のほかにサフランとビタミンEを配合した婦人専用薬です。 

麻黄湯(マオウトウ) 

風邪のひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合に用います。
身体虚弱の人には用いません。 
 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ) 
めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少するものの、神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛に用います。
胃内停水によるめまい、心悸亢進、身体動揺感、尿量減少などに使用して効果があります。

釣藤散(チョウトウサン)

慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるものに用います。
起床時もしくは、起床時から正午にかけて頭が痛かったり、首や肩がこったり、結膜が充血したり、耳鳴り、不眠、のぼせなどの神経症状が強く、気分がすぐれないなどに用います。 
 七物降下湯(シチモツコウカトウ) 
身体虚弱の傾向のあるものの、高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)に用います。

真武湯(シンブトウ) 

新陳代謝機能の衰退により四肢や腰部が冷え、疲労倦怠感が著しく、尿量減少して下痢し易く、動悸やめまいを伴うものの胃腸虚弱症、慢性胃腸カタル、慢性腎炎に用います。
冷えがあり新陳代謝が衰えた人の各種疾患に応用することができます。 

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364