ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 神経痛・リウマチ

神経痛・リウマチ

あなたの体質に合わせて神経痛・リウマチに効く漢方薬を選びましょう

加味逍遥散(カミショウヨウサン)  

体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの、冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症に用います。

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)

関節痛、神経痛に用います。
本方は、水毒による冷え性で、痛み、四肢のシビレ、屈伸困難のある虚弱体質の方の神経痛、関節痛の改善に効果があります。 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。 

五積散(ゴシャクサン)

慢性に経過し症状の激しくない、胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒に用います。
貧血気味で下半身が冷えて痛むものなどに効果があります。

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ) 

急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛に用います。
運動のあとで手足がひきつれて痛むもの、激しい腹痛、四肢の疼痛などに頓服として用います。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)に用います。 
 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ) 
手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛に用います。 

 

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン)

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。

 

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

色白で疲れやすく汗のかきやすい傾向のあるものの、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみに用います。

 

麻杏よく甘湯(マキョウヨクカントウ)

麻杏甘石湯の石膏を除き、よく苡仁を加えたもので、筋肉の緊張を解き水分の停滞をとりのぞき筋肉や関節の鎮痛に効果があります。

 

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)

腰に冷えと痛みがあって、尿量が多いものの、腰痛、腰の冷え、夜尿症に用います。
本方は、腰冷えに対する薬方で、腰から下がはなはだしく冷えて痛みがあり、尿は薄くて多量などを目標とします。

 

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇があるものの、下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに用います。
腎の機能の衰えを目標にして用いる、いわゆる腎虚の方剤です。
食欲不振、嘔吐、悪心、下痢などがあるものには注意が必要です。

 

疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)

筋肉、関節、神経が痛むものに用います。
特に腰から下が痛むものや、平素お酒を好むものに用いることが多いです。

 

芍薬甘草附子湯(シャクヤクカンゾウブシトウ)

冷え性で関節や筋肉が痛み、麻痺感があって四肢の屈伸が困難なものの、慢性神経痛、慢性関節炎、関節リウマチ、筋肉リウマチ、五十肩、肩こりに用います。
急迫性の激しい筋肉の疼痛を主目標、悪寒するもの、冷えが加わったものなどに用います。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364