ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 精力減退

精力減退

あなたの体質に合わせて精力減退に効く漢方薬を選びましょう

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ) 

精神不安があって、どうき、不眠などを伴うものの、高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣きに用います。
胸脇部に圧迫感があるときなどに用います。 

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの、虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに用います。
中を補い気を益す効があるという意味で補中益気の名があります。
朝鮮人参を主とする方剤で、胃腸の弱いものにも効果があります。 

八味地黄丸(ハチミジオウガン) 

疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇があるものの、下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに用います。
腎の機能の衰えを目標にして用いる、いわゆる腎虚の方剤です。
食欲不振、嘔吐、悪心、下痢などがあるものには注意が必要です。 

桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ) 

体質の虚弱な人で疲れやすく、興奮しやすいものの、神経質、不眠症、小児夜泣き、小児夜尿症、眼精疲労に用います。 

 
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364