ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 腎臓病・腎盂炎

腎臓病・腎盂炎

あなたの体質に合わせて腎臓病・腎盂炎に効く漢方薬を選びましょう

五苓散(ゴレイサン) 

のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う、下痢、急性胃腸炎(しぶり腹の者には用いません)、暑気あたり、頭痛、むくみに用います。
胃内停水があり、水毒が原因で起こる症状に用います。
水を飲むとすぐ吐くものなどに用いて効果があります。 

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

精神不安があって、どうき、不眠などを伴うものの、高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣きに用います。
胸脇部に圧迫感があるときなどに用います。 

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ) 

急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛に用います。
運動のあとで手足がひきつれて痛むもの、激しい腹痛、四肢の疼痛などに頓服として用います。 

猪苓湯(チョレイトウ)

尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるものに用います。
利尿の効果があるほか、尿路の消炎作用があると考えられ、泌尿器疾患に応用される代表的な処方です。 

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン) 

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。 

苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少するものの、神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛に用います。
胃内停水によるめまい、心悸亢進、身体動揺感、尿量減少などに使用して効果があります。

 

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇があるものの、下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに用います。
腎の機能の衰えを目標にして用いる、いわゆる腎虚の方剤です。
食欲不振、嘔吐、悪心、下痢などがあるものには注意が必要です。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364