ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 肥満症

肥満症

あなたの体質に合わせて肥満症に効く漢方薬を選びましょう

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。 

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ) 

精神不安があって、どうき、不眠などを伴うものの、高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣きに用います。
胸脇部に圧迫感があるときなどに用います。 

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ) 

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの、高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に用います。
黄連解毒湯と同様の症状に用いますが特に便秘の強い場合に使用します。 

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

がっしりとした体格で比較的体力があり、便秘の傾向のあるものの胃炎、常習便秘、高血圧に伴う肩こり・頭痛・便秘、肩こり、肥満症に用います。
本方は、小柴胡湯証より症状が更に強く現れ、舌に黄苔を生じ、便秘の傾向にある、体力の充実した人などに用いて効果があります。 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)  

比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)に用います。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ) 

色白で疲れやすく汗のかきやすい傾向のあるものの、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみに用います。

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘に用います。
脂肪太りの体質で、腹は臍を中心として膨満し、太鼓腹を呈するものの高血圧症状に伴う動悸、肩こり、のぼせや、肥満症などの改善薬として使用されます。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364