ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 痔

あなたの体質に合わせて痔に効く漢方薬を選びましょう

乙字湯(オツジトウ)

大便がかたくて便秘傾向のあるものの、痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘に用います。
通常いぼ痔で痛むものを目標に用いますが、衰弱していなければ、虚実にとらわれることなく、痔疾患で病状のそれほどひどくないものに用いますl
又、自然に便通をつける作用があるので、痔疾患の便秘に用いても効果があります。 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。 

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの、高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に用います。
黄連解毒湯と同様の症状に用いますが特に便秘の強い場合に使用します。 

紫雲膏(シウンコウ) 

ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、かぶれに用いられる外用薬です。
消毒・消炎作用や皮膚を被覆して外部よりの刺激を防ぐとともになめらかにする作用があるので、外用薬として幅広く使用されます。 

大柴胡湯(ダイサイコトウ) 

がっしりとした体格で比較的体力があり、便秘の傾向のあるものの胃炎、常習便秘、高血圧に伴う肩こり・頭痛・便秘、肩こり、肥満症に用います。
本方は、小柴胡湯証より症状が更に強く現れ、舌に黄苔を生じ、便秘の傾向にある、体力の充実した人などに用いて効果があります。 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ) 

比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)に用います。 

当帰芍薬散((トウキシャクヤクサン)

比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみに用います。  

 

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの、虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに用います。
中を補い気を益す効があるという意味で補中益気の名があります。
朝鮮人参を主とする方剤で、胃腸の弱いものにも効果があります。 

麻子仁丸(マシニガン) 

緩和な下剤で、体力の弱い人、老人、病後の人などで、体液が枯渇して、皮膚や粘膜に潤いが不足しているものなどに適した漢方です。
他に、胃腸虚弱なものの便秘には小建中湯を常習便秘には大黄甘草湯などを使用します。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364