ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > じんましん

じんましん

あなたの体質に合わせてじんましんに効く漢方薬を選びましょう

葛根湯(カッコントウ) 

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに用います。
比較的体力があるもので、汗ばむことがなく悪寒、発熱、頭痛がして、首筋や背中のこわばるものなどに効果があります。(悪寒・発熱はない場合もあります)。ただし、胃腸虚弱、食欲不振、嘔吐、悪心のあるものには用いません。 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、血の道症、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみに用います。
おけつ(よどんだ血液)症状に繁用される薬方で、駆おけつ剤として用いられます。

消風散(ショウフウサン) 

慢性の頑固な湿疹で分泌物が多く、痂皮を形成し、地肌が赤みを帯び、かゆみが強く、口渇を訴えるものを目標とします。  

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ) 

化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫に用います。
化膿症を繰り返すものに対して体質改善の目的にも用いられます。 

白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)

内外の熱が激しく、そのためさらに体液が欠乏して、口舌の乾燥が甚だしく、非常に水を欲するような口渇と疲労のあるものなどに用います。同じ口渇でも尿量が減少し、吐き気のある場合は五苓散を用います。本方の目標は、汗、尿量多く、ほてりと口渇などです。 

茵陳蒿湯(インチンコウトウ) 

口渇があり、尿量少なく、便秘するものの、じんましん、口内炎に用います。
小便、大便ともに不利し、みぞおちが張って気分が悪く、裏に熱が充満しているなどを目標とします。 

 

当帰飲子(トウキインシ) 

冷え性のものの、慢性湿疹(分泌物の少ないもの)、かゆみに用います。
貧血性あるいは、枯燥による皮膚掻痒を主訴とする慢性湿疹に用います。
体の弱い老人などで、冬に増悪するものによいです。 

温清飲(ウンセイイン) 

皮膚の色つやが悪く、のぼせるものに用います。
月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症などに用いられます。 

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364