ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 蓄膿・鼻づまり

蓄膿・鼻づまり

あなたの体質に合わせて蓄膿・鼻づまりに効く漢方薬を選びましょう

葛根湯(カッコントウ) 

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに用います。
比較的体力があるもので、汗ばむことがなく悪寒、発熱、頭痛がして、首筋や背中のこわばるものなどに効果があります。(悪寒・発熱はない場合もあります)。ただし、胃腸虚弱、食欲不振、嘔吐、悪心のあるものには用いません。  

五苓散(ゴレイサン)

のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う、下痢、急性胃腸炎(しぶり腹の者には用いません)、暑気あたり、頭痛、むくみに用います。
胃内停水があり、水毒が原因で起こる症状に用います。
水を飲むとすぐ吐くものなどに用いて効果があります。 

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ) 

多くは腹痛を伴う胃腸炎、微熱、寒気、頭痛、はき気などのある感冒、風邪の後期の症状に用います。
本方は、小柴胡湯と桂枝湯の合方であり、腹が張って腹痛があるものや寒気、微熱、頭痛などがまだ少し残っている風邪の後期などに用いて効果があります。

小柴胡湯(ショウサイコトウ)  

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及び風邪の後期の症状に用います。
みぞおちからわき腹にかけて、つまったような圧迫感をもち、舌には白苔があり、口がねばったり嘔吐感を伴い、発熱と悪寒が交互に起こるような症状などに使用します。 

 麻黄湯(マオウトウ) 

風邪のひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合に用います。
身体虚弱の人には用いません。 

 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少するものの、神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛に用います。
胃内停水によるめまい、心悸亢進、身体動揺感、尿量減少などに使用して効果があります。 

 葛根湯加辛夷川弓(カッコントウカシンイセンキュウ) 

鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に用います。
民間薬として鼻づまりや蓄膿症によく使われる辛夷と川弓を葛根湯に加味したもので、葛根湯証で鼻づまり、慢性鼻炎などのあるものに用いられ、又、その他の慢性鼻炎、蓄膿症に用いても効果をあらわします。 

 

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ) 

蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびに用います。
解毒症体質、または腺病性体質を改善する漢方です。
鼻、耳、咽喉、肺、皮膚の慢性炎症を目的とします。 

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364