ファミリー薬局ネットショップ/漢方コーナー
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 漢方コーナー > 感冒

感冒

あなたの体質に合わせて感冒に効く漢方薬を選びましょう

葛根湯(カッコントウ)

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに用います。
比較的体力があるもので、汗ばむことがなく悪寒、発熱、頭痛がして、首筋や背中のこわばるものなどに効果があります。(悪寒・発熱はない場合もあります)。ただし、胃腸虚弱、食欲不振、嘔吐、悪心のあるものには用いません。 

桔梗石膏(キキョウセッコウ)

去痰薬として広く用いられている桔梗に石膏を加え、炎症による息苦しさや口渇のある場合の去痰、排膿を目標として用います。 

五苓散(ゴレイサン)

のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う、下痢、急性胃腸炎(しぶり腹の者には用いません)、暑気あたり、頭痛、むくみに用います。
胃内停水があり、水毒が原因で起こる症状に用います。
水を飲むとすぐ吐くものなどに用いて効果があります。 

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ) 

多くは腹痛を伴う胃腸炎、微熱、寒気、頭痛、はき気などのある感冒、風邪の後期の症状に用います。
本方は、小柴胡湯と桂枝湯の合方であり、腹が張って腹痛があるものや寒気、微熱、頭痛などがまだ少し残っている風邪の後期などに用いて効果があります。 

柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ) 

体力が弱く、冷え性、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏のものの、更年期障害、血の道症、不眠症、神経症に用います。
柴胡桂枝湯や柴胡加竜骨牡蠣湯に類似した方剤ですが、それよりさらに虚弱な体質のものに用いられます。 

小柴胡湯(ショウサイコトウ)

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及び風邪の後期の症状に用います。
みぞおちからわき腹にかけて、つまったような圧迫感をもち、舌には白苔があり、口がねばったり嘔吐感を伴い、発熱と悪寒が交互に起こるような症状などに使用します。  

小青竜湯(ショウセイリュウトウ) 

気管支炎、気管支ぜんそく、鼻水、うすい水様のたんを伴う咳、鼻炎に用います。
アレルギー性鼻炎や感冒により生じたくしゃみや水様性の鼻水に効果があります。咳に用いる時は、「ゼーゼー」「ヒューヒュ」という喘鳴と水様性の痰を目標にします。 

麦門冬湯(バクモンドウトウ) 

痰をとり、急迫症状をやわらげるので、痰の切れにくい咳や、気管支炎、気管支ぜんそくなどの激しい咳に用います。

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)

気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う、不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声に用います。 

白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ) 

内外の熱が激しく、そのためさらに体液が欠乏して、口舌の乾燥が甚だしく、非常に水を欲するような口渇と疲労のあるものなどに用います。同じ口渇でも尿量が減少し、吐き気のある場合は五苓散を用います。本方の目標は、汗、尿量多く、ほてりと口渇などです。

麻黄湯(マオウトウ) 

風邪のひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合に用います。
身体虚弱の人には用いません。

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ) 

小児ぜんそく、気管支ぜんそくに用います。

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364