田七人参 「金不換」の効果をご紹介しています
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > ショッピング > 健康増進 >田七人参 「金不換」 > 田七人参 「金不換」の効果

出血を止め、傷口を癒合する効果


田七人参は古来より「傷口をよくふさぐ止血の妙薬」として、
知られていました。

戦場での切り傷、動物の噛み傷、打撲による傷、
便に血の混ざる下血、胃から出血する吐血、
肺から出血する喀血、女性の不正出血、眼底出血、
脳内出血、血尿などの改善に幅広く応用されています。
田七人参がベトナム戦争でベトナム兵の戦傷の治療に
大活躍した話は有名です。

傷口を早くふさぐ効果は絶妙です。



滞った血液の流れをよくする効果 


田七の「散血(さんけつ)」と記される効能は、鬱血や
内出血、青あざ、おけつを改善する作用です。

田七人参には「ウロキナーゼを活性化」して血栓を溶かす働きや、「自律神経のバランスを調整」し、「一酸化窒素の機能を維持」して「血管を拡張して血流をよくする」作用、血液をサラサラにする「血小板凝集能亢進の抑制」などの作用があります。

末梢の毛細血管に至るまで、血液の流れを
よくします。 



痛みを抑え取り除く効果 


古書に「定痛(ていつう)」と記されている効能です。

血液の流れの悪いところには痛みの症状が発生しやすくなります。背中や肩の痛み。足腰やヒザの痛み。神経痛やリウマチの痛み。頭痛や足の吊り(こむらがえり)。田七人参の効果は鎮痛剤のような作用ではなく、血液の流れをよくすることによって、こうした痛みを軽減し取り去ります。

背中の筋肉の張りや痛みは、
肝臓の機能低下と関連しています。



血液を浄化し、一切の血病を治す効果  


田七人参には止血、散血、定痛、消腫と呼ばれる効能以外にも、血液成分のバランスを整え、血液の機能を引き出し、
からだを健康の方向へどんどん引っ張ってくれる
効用があります。

コレステロールや中性脂肪を減して善玉コレステロールを増やす働き。高くなった血糖値を下げる働き。

血液中の過酸化脂質を減す働き。活性酸素を消去し老化や生活習慣病からからだを守る働き。などいろいろあります。 



腫瘍や腫れを取り去る効果


「消腫」と記されている効能です。
田七人参は水腫、浮腫、肉腫、疼腫、筋腫、癌腫など
「腫」のつく「はれもの」を消し去る機能を持ちます。「内臓が炎症を持って腫れている状態の改善」も意味します。

日本でも田七人参に肝臓ガン、皮膚ガン、肺ガンなどの
予防効果のあることが発表されていますが、
中国ではガンの治療に田七人参のエキスを
注射液として使用しています。



血液は肝臓で作られている


血液は血球(赤血球、白血球、血小板)と血漿に分けられますが、血球は骨髄で、血漿の成分は肝臓で作られています。

肝臓では、アルブミン、グロブリン、トランスフェリン、セルロプラスミン、酵素、補体、血液凝固因子、ホルモン、リポタンパク、ペプチドなど多くの物質を作り出し、血漿成分としてからだに送り出しています。

そのため、肝臓が弱ると血液の質や機能が低下し、いろいろな不快な症状が発生しやすくなり、病気にもかかりやすくなります。 



田七人参は肝臓を元気にする 


田七人参は肝臓に対しGOT、GPT、γ-GTPなどの肝機能数値を改善するだけでなく、アルブミンを始めとした血清タンパク質の合成を促進し、肝臓の炎症を抑え、活性酸素の消去能力を高め、肝細胞を保護し、肝細胞の再生能力を高め、胆汁酸の合成を促し、コレステロール価を正常化させる、といった多くの効果を発揮してくれます。田七人参は肝臓に効く生薬として有名です。 



C型肝炎の治療に大きな期待 


C型肝炎のウイルスは排除しにくく、いつまでも炎症が続き、その炎症によって肝臓の組織が繊維化すると肝硬変に、細胞の再生の過程で遺伝子にエラーが生じると肝臓ガンになります。

しかも日本人の50人に1人がC型肝炎ウイルスのキャリアーです。田七人参はA型肝炎、B型肝炎に著効を示して治し、C型肝炎の炎症もよく抑えます。

一等級の田七人参には炎症を抑制するサポニンが多く含まれます。 



冠状動脈の血流量が増大


田オ人Qは心臓の筋肉に血液を送り込む冠状動脈を拡げて血流量を増やし、同桙ノ心臓の負担(運動量)も軽減させます。冠状動脈が狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなると狭心症や心筋梗塞を起こしやすくなります。

中国での田オ人Qによる臨床タ験では、こうした心臓病の90%以上に効果をヲすことが分かっています。血流がよくなると不整脈、動悸、息切れなどの症状も改善されていきます。



心臓で作られる利尿ホルモン


心臓では尿量を増やすために働く「利尿ホルモン」が作られていて、心臓の血流が悪くなるとこのホルモンが充分作られなくなり、オシッコの量が少なくなったり、むくみが生じやすくなります。

また、排泄されずに体内にためられた余分な水分は、血管内の圧力を高め、心臓への負担を増やして血圧を上げる原因にもなります。田七人参が高血圧に効く1つの要素が、こんなところにもありそうです。 



高血圧にも低血圧にもよく合う


田七人参の一等級品では興奮・刺激型の陽性のサポニン(代謝を活発にして血圧を上げる要素をもつ)と、鎮静・抑制型の陰性のサポニン(交感神経の興奮を抑制して血圧を下げる要素をもつ)のバランスがよくなるため、高血圧にも低血圧にも血圧を正常に近づけるような調節機能が発揮されます。

高血圧タイプの人では交感神経の緊張が改善されるためか、田七人参を飲むと眠たくなるという人が出てきます。 



腎機能をアップ、オシッコが変わる 


田七人参を引用して、オシッコの量が増えた。オシッコが勢いよく出る。オシッコの切れがよくなった。という報告が多く見られます。

心臓や腎臓への血流がよくなって利尿ホルモンがうまく作られるようになったり、腎臓でのタンパク質の合成が促進されて血液ろ過機能がよく働くようになった結果だと思われますが、詳しいメカニズムはまだわかっていません。



赤血球を増やす、疲れなくなる 


田七人参は滋養強壮食としても知られています。田七人参の飲用で、腎臓で作られるエリスロポエチンという赤血球の分化を促進するホルモンが増えることがわかっています。

赤血球が多く作られるようになると、酸素を運ぶ機能が高まり、エネルギーがタップリと作られるようになるため、スタミナ不足や疲れを感じなくなります。

こうした田七人参の持久力を高める機能を、中国のスポーツ選手軍団はこぞって利用しています。 



高脂血症の改善に威力を発揮


血液中にコレステロールや中性脂肪の多い状態は高脂血症と呼ばれます。

高脂血症は肝臓の機能の低下と関係していて、肝臓でのタンパク質の合成能力が低下すると、高脂血症の状態に陥りやすくなります。

田七人参は確実に血中のコレステロールや中性脂肪を減す効果があります。

コレステロールのバランスも、善玉のコレステロールを増やし、悪玉のコレステロールを減して動脈硬化の予防や改善に役立ちます。



肥満を防止するダイエット効果  


肝臓が元気になると、脂肪の代謝に必要な酵素(リパーゼなど)合成がスムーズになり、血流もよくなって全身の細胞の代謝が活発になります。

その結果、からだは脂肪を燃焼させてエネルギーとして利用しやすい状態になります。

さらに、コレステロールなどのリポタンパクを胆汁酸に換えてどんどん排泄しますので、知らないうちに体重が減少したりします。この効果は高脂血症で肥満しているタイプに顕著に見られます。 



中高年の男性の精力増強に役立つ


田七人参は男性には強精強壮効果をもたらします。朝起きた時の状態が元気になるだけでなく、持続力も増します。

男性の性機能は肝臓の機能とも密接に関係していて、肝臓の機能が低下すると性能力も低下します。

田七人参は「中国のバイアグラ」といわれることもありますが、バイアグラのような即効性は期待できません。しかし飲用を始めて2〜3ヶ月もしないうちに、その効果を確認できることでしょう。 



更年期障害の改善にも役立つ


閉経期に前後して起こる、顔のほてり、のぼせ、膣のかわき、多汗、イライラなどの不快な症状の出現は更年期障害と呼ばれます。

その原因としては女性ホルモンの分泌が少なくなったり、自律神経のバランスが乱れたり、ビタミンやミネラルが不足していたり、肝臓の機能が低下していることなどが考えられます。

田七人参は中枢神経に作用して機能を調整する作用もあるため、利用してみる価値が大いにあります。  


ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364